歯科で働きたいなら

歯科衛生士という仕事

トップ / 歯科衛生士という仕事

歯科が使う機器の情報

歯科医院で就職したいなら

衛生士の資格がなくても歯科医院で就職したいなら、医療事務と助手の知識を身につけるといいです。どちらも通信講座で行われています。また医療事務と助手の資格がなくても、就職したらどちらもやることになるという覚悟があれば、就職してから身につけるという方法もあります。歯科治療ではさまざまな器具を使います。口の中ということもあり、器具の衛生管理はとても細かいです。そういった器具の準備や消毒などは助手の仕事です。もちろん、診察時の器具の受け渡しやバキュームといって唾液を吸い取る作業も行います。人の顔の近くで仕事をするため、助手の仕事に抵抗のある人も多いです。そのことを覚悟していれば、求人に資格不問、経験不問のところに応募できます。

医療事務でも2つの仕事がある

医療事務には、医科と歯科があります。単に医療事務といっても、保険制度について学ぶところは同じでも、診療報酬を取り扱うものは全く違うのです。例えば、医科は、ある一つの病気にかかり初診料を支払い、その病気が治ってから別の病気でかかるとまた初診料を支払います、ところが歯科には1口腔1初診という鉄則があり、虫歯と歯肉炎の治療をして、虫歯の治療が終わってから、歯肉炎の治療にとりかかっても診察と診察の間がすごく開いているわけでなければ、新たに初診料を取られることはないのです。どちらも1点を10円とするという大原則は一緒でも大きな違いがあるのです。

© Copyright 歯科の機器を管理する. All rights reserved.