歯科のレシートを保存

歯科で矯正治療をしても

トップ / 歯科で矯正治療をしても

歯科が使う機器の情報

矯正歯科の医療費控除

生計を一つにする家族全員の1年間の医療費の合計が一定額を超えた場合に税金が還付される医療費控除ですが、矯正歯科での矯正治療も対象になります。注意したいところは大人の場合の矯正治療は審美目的の場合は美容整形と同じで、控除の対象外になりますが、歯の噛み合せが悪くて治療している場合は控除の対象になります。税務署に医療費控除の書類を提出する際に、領収書だけでは矯正の目的が判断がつきにくい為、診断書があるとわかり易くてスムーズに処理が出来ますので、診断書も添付しているとよりわかり易いでしょう。また歯科に通院した際の交通費も控除対象になる事も見落としがちですので、忘れずに申告します。

こんな治療も医療費控除

歯科に関するお金で医療費控除の対象になるものは、医院で保険診療にかかったお金以外にも対象となるものがあります。歯並びの矯正の場合、保険診療ではありませんが医療費控除の対象です。そのほか、通院にかかったお金のうち、タクシーなどを利用した場合も入ります。例えば、緊急で歯が痛くなり、救急外来のようなところで治療を受けるためにタクシーをつかったケースは該当します。また、歯周病の診断がついている人が薬局で医薬品としての効果のある歯肉ケアに関するものを使っている場合、認められる場合があります。とにかく歯科でのレシートをとっておくことが大切です。

© Copyright 歯科の機器を管理する. All rights reserved.